虫歯や歯周病、突然の事故など様々な原因で歯をうしなうことがあります。
インプラント治療なら、より自然な歯をとりもどすことができます。

従来の治療法との比較


ブリッジ
失った歯の両隣の歯を削って、失った歯の部分を含めた一塊のかぶせものをセメントで装着します。
・装着感は自然です。
・健康保険が適用された安価のものもあります。
・両隣の健康な歯を大きく削る必要があります。
・削られた歯への負担が増加します。
部分入れ歯
部分入れ歯は、金属などのバネを健康な歯にかけて使用します。
・短い治療期間となります。
・健康保険が適用された安価なものがあります。
・バネがつく歯は小さく削るだけで済みます。
・バネなどが見えて、見た目があまりよくありません。
・口の中に大きな違和感を感じます。
・バネにより健康な歯をいためていってしまうことがあります。
・状態によっては、噛みづらかったり、痛かったりします。
インプラント
失った歯の代わりに、骨に親和性があり強度的に十分な人工歯根(チタン)を埋め込み、歯に取って代わる機能や審美性を回復する治療法です。
・健康な歯を削ることなく治療ができます。
・残っている自分の歯の負担が増えてしまうこともなく、
 ほかの歯も長もちします。
・天然歯に近い見栄えです。
・入れ歯と異なりしっかりと固定され、噛んだ感じも自然です。
・健康保険が適用されない治療となります。
・比較的簡単な手術が必要です。(歯を抜くのと同じくらいの程度の手術です)
・ブリッジ、入れ歯に比べ治療期間がかかります。

当院のインプラントの特徴


実績と安心のインプラントを使用

インプラントメーカーの種類はたくさんありますが、インプラントにもトップブランドというものがあります。
当院では、ブローネマルクシステム、リプレイスなどを扱う、「ノーベルバイオケア社」のインプラントを採用しております。このノーベルバイオケア社は歴史・実績から世界で最も信頼・評価されているメーカーといっても過言ではなく、長年の高いサクセスレート(成功率)と実績において非常に信頼できるインプラントメーカーといえます。また販売シェアでも日本だけでなく、世界規模でトップクラスですので、引っ越し等で転院を余儀なくされた場合でも安心です。

近代インプラントのパイオニア 40年以上の確かな実績 ノーベルバイオケア社

手術中の安全・安心

当院のインプラント手術は基本的にすべて、専門の麻酔医のもと静脈内鎮静法下で行います。
静脈内鎮静法での手術ならウトウトとしている間に手術が終わってしまいます。
全身麻酔のような身体負担もありません。
術中は麻酔医が、血圧や心電図・血中酸素飽和度を管理して行うので、高血圧や心疾患をお持ちの方も、安心して治療が行えます。

的確な手術のための診査

インプラント治療は安全で確実な治療を行うため、事前にCTで顎の骨の状態や神経の位置などを正確に把握し、専用のソフトでシミュレーションすることが大切です。
当院ではメディカルプラザ薬師西ノ京さんと提携し、CT検査を行っております。

Tで顎の骨の状態や神経の位置などを正確に把握し、専用のソフトでシミュレーション

難症例にも誠実に対応

患者さんそれぞれのお口の中の状況、全身の健康状態により、インプラントでの処置がむずかしくなることはいくらでもあります。患者さんがインプラントでの処置を望まれる場合、困難な状況であっても誠実に対応いたします。手術前に骨の量を増成することが必要な場合、手術中にきちんと全身管理をすれば可能な場合、もっと大きな病院での処置のほうが望ましい場合などでも、それぞれの患者様に最善の方法を提案してまいります。